dance_projection-mapping

ZEN-NOKANは、2014年に結成した、映像のプロジェクションを中心に
サウンド制作・プログラミングを併用した舞台演出・制作を手がけるチームです。
実写映像やハンドライティングアニメーションを元にしたアナログ感のあるCG制作や
マルチプロジェクションの特性を使った舞台制作を得意としていて
ペインター・打楽器奏者・立体造形作家など
様々なアーティストとコラボレーションすることで作品を生み出しています。


MEMBER

oka

岡 ともみ

Tomomi Oka   代表/映像/プログラミング/デザイン

1992年東京生まれ。筑波大学芸術専門学群デザイン専攻3年次中退、東京芸術大学先端芸術表現科在籍。 CG、映像、プログラミング、電子工作などテクノロジーを使った表現を主としており、 近年は舞台芸術やインスタレーション作品を中心に制作をしている。

endo

遠藤 純一郎

Junichiro Endo   ディレクション/設計/企画運営

1994年横浜生まれ。東京芸術大学先端芸術表現科在籍。そらち炭鉱記憶アートプロジェクト2014アートマネージャー育成事業参加。 北澤潤八雲事務所にて2015年度インターンなど。 アーティストのサポートをすると共にアートがどのようにして地域社会と関わっていけるか考えている。

kobayashi

小林 有毅

Yuki Kobayashi   音楽/サウンド/音響

東京藝術大学音楽環境創造科卒。西岡龍彦研究室にて、作曲・サウンドデザインのアプローチや、 テクノロジーを用いた音楽表現について学ぶ。これまでにマニピュレーターとして、 蓮沼執太や坂本美雨等のアーティストの音楽制作に関わる。

COLLABOLATION

企画によって様々な分野のアーティストや音楽家、パフォーマーと一緒に制作しています。
一緒に制作をした・しているひとたち(一部)

菅谷 杏樹   Aki Sugaya

作家、バイオアーティスト

天然樹脂である松脂を使った造形作品や、養蜂、農業など自然と呼応した作品を作っている。 2016年のインスタレーションでは、コンセプト、素材、造形として参加。ZEN-NOKANだけでは得られない独特の 質感や有機的な造形の作品となった。
  http://akizusi.wixsite.com/akisugaya

伊東 五津美   Izumi Ito

作家、ペインター

樹脂を使った立体作品や、インスタレーション、写真作品等、 素材を限定せず幅広く制作している。2015年にZEN-NOKAN企画の自主公演において映像内の手書きのドローイング 部分を担当したことを皮切りに、プロフィール写真の撮影や記録映像の撮影などにも参加。
  http://www.tuasuki.com/

増田 義基   Yoshiki Masuda

作家、サウンドデザイナー

1996年生まれ。東京藝術大学音楽環境創造科に在籍。反復音楽や電子音響音楽の制作、マルチチャンネル音楽の制作、フィールドレコーディングなどを行う。大学にて、西岡龍彦、森威功、後藤英に指導を受ける。CCMC2016にてMOTUS賞を受賞。
  http://yoshikimasuda.com/

伊東 五津美   Izumi Ito

作家、ペインター

樹脂を使った立体作品や、インスタレーション、写真作品等、 素材を限定せず幅広く制作している。2015年にZEN-NOKAN企画の自主公演において映像内の手書きのドローイング 部分を担当したことを皮切りに、プロフィール写真の撮影や記録映像の撮影などにも参加。
  http://www.tuasuki.com/

WORKS